読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「蜜蜂と遠雷」読書感想

先日、恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」が直木賞と本屋大賞をW受賞しました。


蜜蜂と遠雷


読もう読もうと頭の隅に置き忘れたまま、このままじゃ恩田陸ファンを名乗れないぞ!と意気込みながら本を開きました。
ちなみに、意気込む必要のないほどに、読み始めて一気に読み終えました。
この本をそう、一言でざっくりまとめるなら、

これぞエンターテイメント!




俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?


以下、ネタバレを含みます。


作品の雰囲気としては、同作者の「チョコレートコスモス」に似ています。

才能同士のぶつかり合い。
才能を持つが故の苦悩と周囲からの重圧。
才能に恵まれなかった者は夢を見てはならないのか?


登場人物がみんな魅力的です。
才能のあるなしやバックグラウンドに関わらず、登場人物たち全員が音楽を愛していることがヒシヒシと伝わってきました。

飄々としていて、無邪気だけど時折ハッとするほど大人な、物語のキーマンである風間塵。
美しく、儚く、どこか暗さを秘めた栄伝亜夜。

この二人のキャラクターはとても恩田陸さんらしいなあ。

二人が芳ヶ江国際ピアノコンクールを通して、まるで化学反応を起こすように影響しあっていって、本から目を離せませんでした!(ちょっとずつ楽しみながら読み進める予定だったとか内緒)

個人的に一番感情移入できたのは高島明石。幼少時代には天童と持て囃され、ピアニストになる夢を諦めきれないまま、楽器店に勤務しているサラリーマン。年齢制限や金銭的問題もあって、このコンクールがラストチャンス。次々と若手が台頭する激しいピアニストの世界で、自分の音楽に対するスタンスを定めきれない。夢を諦めて、いっその事趣味にしてしまおうか。そんな彼の葛藤は、読んでいて心の端をつねられたような気がしました。


そしてなにより、恩田陸さんの圧倒的表現力がすごい!(自分の表現力の無さが虚しい…)
主要な登場人物はもちろん、他のコンクール出場者のピアノも十人十色。
ピアニストたちの音楽へのスタンスや情熱が、恩田陸さんの詩的で鮮やかな表現が読んでいて本当に楽しかった。
ヴィヴィッドな音、軽やかなエチュード、暴力的なカデンツァ。
個性とライブ感溢れる演奏シーンの表現力には舌を巻きました。


以下、本文より一部抜粋。

第二楽章のアダージオ。
ゆったりとした、厳かなオーケストラの導入部。ゆっくりと、木立の中を鹿が歩いてくるのが見えるようだ。
かすかに霧が立ちこめ、うっすらと肌寒く、どこか神秘的な空気がぴんと張り詰めた朝。
まだ夜は明けきらず、息を潜めるような静けさが辺りに漂っている。
いつしか、亜夜もその冷たい朝霧の中を歩いていた。

音楽を聞いていないのに、目で文章を追っているだけなのに、音楽を体感しているかのような、不思議な気分になります。
この感覚をまだ本書を読んでいない人に味わって欲しい!


結論:恩田陸さんの作品が好きな方にも、まだ一作も読んだことがない方にもぜひ読んでもらいたい作品です。


私の稚拙な読書感想をきっかけに、興味を持っていただけたら嬉しいです。


雨子